景気差について育成しました。いま、地球に住む約70億人の実家だいたい5分の4が発展途上国に住んでいらっしゃる。第二次回国戦後、発展途上国の多くは政治的には独立したが、経済的には植民業者時期からの特定の最初次回産品に依存する一品教養景気から別離できず、大国との景気差は更にひろがりました。こういうウイークポイントは南北ウイークポイントとよばれ、1960世代からインターナショナル世間の重要な厄介として認識されるようになりました。一方1970世代以来、発展途上国においても資源をもつ各国や工業化が比較的進んでいる各国と、資源が貧しくリサーチも遅れて掛かる各国との間で景気差の増加が進み、いわゆる南南ウイークポイントも生じています。毎日1.25ドル未満で暮らしている人々は、世界で14億やつあり毎日2ドル以下となると約26億やつに達しました。発展途上国が景気練習できない理由として根底指示の不足、低備蓄率、ちゃらんぽらんな診療機材、高い人口上乗せ率、一品教養景気への信頼、内戦などさまざまな事由が窺えるので好転されたらいいなと思いました。http://www.angstman.co/