Month: 4月 2017

それを専業に人の事を考えながらの要点カードエントリー

デパートの要点カードを新規に始める。本当は特に注目なかったけどはからずも私の働いてる近辺でも取り扱うかもしれないし、買い物した局面レジの中年が作りませんかと言うのではいと言って見る。でも昼間は仕立てる自身たくさんいて並んでまで調べるのはめんどいと思ったけれど、ミッドナイトで誰もいなかったので仕掛ける。しかし今度は誰もいなくて優待カウンターに要るお仕事場の自身にどうすればいいか動画張る。結果はケータイに持ってるカードナンバーとプライバシーを打ち込む。ケータイのときのトーンが好みの酷いトーンだった(あとで考えたらデパート推しのトーンだった系)のでやっすいアンドロイド使ってると思ったらiPadでした。それに専用の結果アプリケーションが入っていてそれを起動する。渡された要点カードのナンバーを登記(お仕事場の自身がやった)人名、アドレス、電話番号を入力する。考えてみたら電話番号まで取り除けるかと思った。あ、あとメアドも。文章はあいうえおが出てるのでそれから選択するの、ジジババ向けに登録マシ。勿論フリックとか薄い。みたいだろうな。それで結果フィニッシュ。ふむふむ、そんなに考えてみたら恐ろしい簡単に申し込みできた。結果アプリケーションだけで簡単にできみたい。そんな事知ってたらわざとお仕事場の自身叫ぶ責務なかったな。しかし今まではお願い紙に書き込んでお仕事場の自身に渡し、そのインフォメーションを記述化、データベース化って情勢だけどその記述化を舞台でお客にやらせどのインフォメーションを集めてデータベース化の情勢。しかし記述化を事業にしてる自身には迷惑な言明ですな、そんな時代に今なっているのかとまさか考えてしまった。ロスミンローヤル ドラッグストア

テキスト嫌いの自身が画集をよむようになった理由は息子たちのお陰さま

今どき、娘たちが絵本が魅力に気づいて絵本を良く貰う。少し前までは絵本って厳しいな?どっちみち読まないよなってか読んであげないといけないし、面倒いなーって思って本屋に行って絵本を確かめることも買うこともなかったし。自分自身が媒体をよむのが好きじゃないからか一層、媒体に対して掴むのがややこしいって思ってた。けど娘たちは保育園のおかげか絵本が博士。いろいろ絵本をまくる、次から次へと出てくるカラフルな挿絵に大醍醐味。先、長男のお産祝いに側からもらった”そらまめちゃんのベッド”を読んであげただけで娘たち大醍醐味!それから絵本を貰う機会が増えた。もう少しで2歳になる娘は”ねないこだれです”関連のおばけが怖いと言いつつ大好き。4年の娘は”ふまんがあります”が大好き。こういう”ふまんがあります”を書いてるヨシタケシンノスケ様の絵本は挿絵が望ましいのと、ユーザーの両親も喜べる項目。読んであげててこちらまでおかしい。だからヨシタケシンノスケ様の書いた媒体は”ふまんがあります” “りゆうがあります” “こういう先どうしてしちゃおう” “既にぬげない”を丸々買い付け。意外とどれも大好きな媒体。2年、4年には厳しいかな?って想う要所もあるけど、でもまだまだオーバーに読んで譲るとそれだけで大ユーモア!絵本って楽しいんだ、媒体っておかしいんだって両親になって、こういう年になってわかれたのは娘たちのおかげ。そしてヨシタケシンノスケ様のうまい絵本たちのおかげ。先、絵本を読んであげている時、娘陣がユーモアしたり、怖がったり、静かになったり‥そのフィードバックが楽しくて、色々なフィードバックが見たくて少々やけになって絵本を読ん出る自分に笑っちゃう。これからも色々な絵本を読んであげていきたいし、自分のために媒体を読んでいこうかなっと思ってる。脱毛ラボ 新宿